デリケードゾーンの黒ずみの原因はセックス

デリケートゾーンの黒ずみの一番の原因はやはりセックスによるところが大きいです。

セックスはデリケートゾーンが摩擦されることに加えてその周りが膣分泌液などの酸性に覆われてしまいます。

酸性というのは、皮膚をほんの少しですが溶かしてしまうのでその反応として皮膚が黒ずんでしまうのです。

よくセックスと黒ずみは関係ないなどとは言われるますが、セックスを重ねるとデリケートゾーンが黒ずむのは紛れもない事実なんです。

人種によって黒ずみに差があるようで白人の場合はあまり黒くはならないようです。

日本人などの黄色人種は黒くなり色素沈着を起こしやすいと言われています。

ほかのデリケートゾーンが黒ずむ理由としては加齢によっても黒ずむ傾向があるようです。

しかしこれは加齢するにつれて経験したセックスの回数が増える傾向もあるのでセックスと無関係であるということを証明することが難しいです。

しかしセックスを抜きにしても加齢によって黒ずむだろうとも言われています。

デリケートゾーンの黒ずみというのは遅かれ早かれ誰でも起こることなのでそれほど気にする事もないのかもしません。

なかには程度が重く気にせざるえないという人もいるでしょうが一度黒くなった皮膚は大掛かりな手術でもしない限り白くはなりません。

どうしても黒ずみが気になるという場合は毛を生やして隠すなどの対策をとるほかに方法はないでしょう。